レッドシダーにこだわったの木造ガレージ

木製屋根材には、間違っても鉄の釘をつかっては大変です。亜鉛に浸した釘を使います。最近ではアスファルトシングル(アスファルトでできた シングル)様の釘が利用できます。 釘の頭は平な釘 長さは50mm以上です 屋根の端部分は2重にはります。 あともっと大切なのは 防水紙をシェークの間に挟み込んで施工する事が正しいといわれていることも覚えていてください。 一方弊社のガレージは間に挟まなくて、下地ルーフィングの上に一気にはっていきます。  弊社では 自らの家を2件しかも築30年でも問題はありません。それは 防水紙をシェークの間に挟み込んで施工するのは 野路合板を貼らない施工をおこなう際に 非常に有効になります。

 

 それは茅葺きの家等と同じで 屋内小屋への有効な換気手段になるからです。 誤解を恐れず申し上げると、日本の短絡的な枠組み壁工法の規格では屋根に構造用合板を設置する義務があります。(海外では合板を使うことは義務ではありません)がすでに 海外でも、このシェイクの屋根は稀なのではないでしょうか?

野路合板で小屋裏が覆われるので、通風のしようが無いからです。 他方近年の建築では、その部分にベーパバリアを設置し、当該部分の内部結露を阻止しています。 物置やガレージの場合、屋内と屋外の冬期温度差は小さいと考えられるので、以上の方法を選択しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です