小規模建築のための標準。

 小規模な建物の設計や施工の基準を現在の建築基準法と独立して作ることができればいいですね?

ユーロ物置では その 風対策としてのオーストラリアの小規模建築用 オーストラリアン スタンダード(AS) を利用しています。

  風力が建物に対してどのように働くのか? を査定するための 下図は国土交通省告示1454をもとの描いたものです。(ユーロ物置ハンドブック )この図からわかることは 周りの状況ではなく、建物の高さだけの要素で考えています つまり建物が地表から離れるほど「地表と風の摩擦抵抗」の影響度が減衰するからです、地域的な「地表と風の摩擦抵抗」の分類というのは 「都市計画区域」と「都市計画区域外」という 行政上の区域でもって 区分しているのは根拠としては理解できない部分です。つまり、都市計画区域外 というのは 確認申請も不要な郊外地域がその代表ですが、森林地帯でもひらけた牧草地でも同じ分類で、このような法律が現存していることが信じられません。

ともあれ建築基準法による建物設計風速の計算はこの部分だけは乱暴ですが他についてはしっかりした公式があって基計算できます。そのために煩雑な部分もあって、PCの助けを借りやすい現代でも煩雑です。最終的には全体の風による壁せん断力の査定は施行令に基づく簡易計算でチェックする。などですが  各部の許容応力度の確認など計算が連続して行くわけですね。つまり複数の計算を連結することで建物の許容応力を決めていく作業になります。いつもこの方面の計算をしている人に限り素早く計算し結果を導くことができますが 普通の人ならその分野の人に計算を依頼することになってしますね。で 小さな物置の設置場所の検討や建物の設計や施工をするひとが 収益の次に知りたい部分として 自分が携わるプロジェクトの正当性だと思うのですが、まったく根拠がない中で前例や慣習にしたがって設計や施工を進めるだけで技術的な根拠がないままにそのプロジェクトが完了します。

それでこの国のシステムが成り立っているのですが結果的に技術的な部分は大きな組織のみが知り得て、街の工務店が知り得ない構図は小規模建物の価格を押し上げているわけでです。なので海外の2倍近い販売価格にいたっています。

そうすると資産と負債のバランスのなかで 負の資産をもつリスクを考える人が増えてしまい、よりグレードの高い住空間への価値判断が変わってくると思います。

以前申しましたが、海外では国際的な小規模住宅専用のスタンダードがあって誰でもがわかりやすい情報のなかでプロジェクトを進めているのですが、この国にはその標準となる情報が世間に広める努力もなされていない事実にはこの驚くばかりです。

オーストラリアでは、AS-4055 という わかりやすい風速を査定するためのスタンダードがあります。

https://www.cornellengineers.com.au/wp-content/uploads/2018/03/Wind-Classification-to-AS4055-2012.pdf

もっと直感的に、しかも論理的にユーザー自らが考えて物置や小屋の設置位置を考慮することができます。 さらに踏み込んで、その風速査定値の超えるリスクの発生確率でまで販売店およびユーザーも共に理解できると思います。

ユーロ物置ハンドブックでは 建築基準法で定められている各地方の設計風速をもとにして、このAS-4055の考え方を当てはめました。

AS4055では以下のような分類があって、設計風速(風の影響度)が把握し易い。

1:建物周辺の地面の状況 畑? 湖? 市街地? などなどの具合。

2:地形 (地表の勾配 アップダウン)

3:設計する建物直近の風遮蔽物の有無や有効度合い

以上のファクターから 実生活と直結したイメージを描くことができます。

詳しくは ユーロ物置ハンドブック をご覧ください。

International Residential Code