建物の断熱性能をもう一度考えてみます。(1)

断熱性能のお話をさせてもらう前に、空気の状態を知る方法について整理してみます。学校の理科で習った言葉が実務で再び。

関係湿度・絶対湿度・乾球温度。湿球温度などです。 ここで知って欲しいのは関係湿度と絶対湿度の違いです。

関係湿度というのは確かに乾球温度と関係があります。つまり気温が20℃の空気を冷やすと関係湿度がどんどん上昇します。そうするうちに空気中の水分が一杯(飽和状況)になって水滴に変わります。

冷蔵庫やエアコンから水が出てくるのを観た経験でも理解は容易です。

以上の温度降下の最中でも水滴に変わってしまうまでは『絶対湿度』は変わりません、つまり空気中の水分の絶対量は一定。其の状況で冷却すれば『関係湿度』が上昇する。 と 言った具合です。

 夏でも結構カラカラで洗濯物がよく乾くのに、晴れた冬の日々に『異常乾燥』と呼ばれるのは 「絶対湿度」のことを言っているのです。空気が冷たいので空気中に含み得る水の量が少ないのですから、乾燥していると言われます。 冬だけ異常乾燥と言われる所以がここにあります。

気象予報士さんもこの辺りを説明されると視聴者もわかりやすいと思います。

気温が0℃に接近すれば ほとんど水分が飽和状態であっても絶対湿度は小さいのです。 飽和状態なら「関係湿度」は100%と呼ばれるのです。

この空気線図の水平ラインが 乾球温度 いわゆる 気温です。

赤い曲線がそれぞれの乾球温度における関係湿度です気温が高くなるほど赤い曲線の間が広がっていきます。

赤い曲線の最上段が結露ポイントです。

Y軸の絶対湿度から水平に左方向に線を引くと赤い曲線と交差する部分がありそのままX軸の気温を読み取れば 結露する気温を知ることができます。

断熱性能が高い建築物の屋内は 屋内から入った空気を温めるために「関係湿度」が下がってしまいます。よく加湿器が必要になる状況です。加湿器は別として「関係湿度」が低いのですから、屋内での結露を発生することを大きく減らせるのです。

押入れの中などそれでも結露する建物は やはり断熱性能が悪いことや 押入れが外壁と接する部分にある中で、機密性が低いために外気が侵入し、局部的な結露に直結します。

ユーロ物置の結露についてもお問い合わせがあります。 特に積雪があり放置すると溶け出した雪や雪近辺の必ず温度は0℃です、雪解け時に物置内部に侵入した空気は基本的にその雪温以上になっており、空気中に含む水分は0℃の状態より多く含んでいます。その状況の空気が天井に接触すると天井の温度は融解時の雪温 0℃ですからそこで結露点に達するのです。

積雪があれば速やかに除雪するとともに 自然換気でいいので ドアを解放し、通風を図ることが大切です。

 

 

 

SIP アメリカ規格を日本でも使えるように開発。

建物の断熱性能をもう一度考えてみます。(1) で申し上げたように。

屋内の住環境条件を向上させた場合のベネフィットはたくさんあります。

其の多くの利点の中でも壁体内部の結露を防止するのも長期スパンの建物では無視できません。外壁に通気用の胴縁が盛んに設けられているのも其の部分が原因です。

 

ところで EEplanは  図のような STRUCTURE OF INSURETED PANELを 広めていきたいと思います。

この  STRUCTURE OF INSURETED PANELー>SIPは構造的には建築基準法 37条の構造認可を得る必要がありますがアメリカ製の構造用合板はJAS製品でないので構造材として使うことはできません が其の一方で、一定の条件下で使用可能な方法を独自に開発しました。

 

レッドシダーにこだわったの木造ガレージ

木製屋根材には、間違っても鉄の釘をつかっては大変です。亜鉛に浸した釘を使います。最近ではアスファルトシングル(アスファルトでできた シングル)様の釘が利用できます。 釘の頭は平な釘 長さは50mm以上です 屋根の端部分は2重にはります。 あともっと大切なのは 防水紙をシェークの間に挟み込んで施工する事が正しいといわれていることも覚えていてください。 一方弊社のガレージは間に挟まなくて、下地ルーフィングの上に一気にはっていきます。  弊社では 自らの家を2件しかも築30年でも問題はありません。それは 防水紙をシェークの間に挟み込んで施工するのは 野路合板を貼らない施工をおこなう際に 非常に有効になります。

 

 それは茅葺きの家等と同じで 屋内小屋への有効な換気手段になるからです。 誤解を恐れず申し上げると、日本の短絡的な枠組み壁工法の規格では屋根に構造用合板を設置する義務があります。(海外では合板を使うことは義務ではありません)がすでに 海外でも、このシェイクの屋根は稀なのではないでしょうか?

野路合板で小屋裏が覆われるので、通風のしようが無いからです。 他方近年の建築では、その部分にベーパバリアを設置し、当該部分の内部結露を阻止しています。 物置やガレージの場合、屋内と屋外の冬期温度差は小さいと考えられるので、以上の方法を選択しています。