一昨年は積雪3mの飯山市・今年は草津温泉 スキー場。

ガレージはどうしても その屋根サイズにおける                構造仕様を決めなくてはなりません。

2年前 積雪3mの飯山もやったし、今年は草津温泉 スキー場。

 我が社の大工は元気です。 6.5mのスパン その垂木サイズは 「2X6でいいんだよ」と宮坂大工。 経験豊富な大工なのでだれもが素直に頷く中で。そうでもない事だってあったのでは?

「あの草津温泉のガレージ スパン大きいし、垂木増設してよかったね。」と僕。「そうです 今1.4m積もっていると施主から連絡ありました。」と千晶大工。「うん。あの時辛くも、垂木を2-2X8にしておいてよかったね。」応えた。       いくらベテランでも ベテランであるがゆえに 設計と共に、雪のない季節に工事をすると多量な積雪についての配慮を忘れることもあり得る。そうすると 恐ろしい事にもなりかねない。

だから わかり切った状況であっても。

構造を含む施工要領のチェックと大工からの意見、設計者からの意見を交換する。その中で、構造チェックのプロセスを経る事で、初めて、積雪についての思慮が及ぶ。

学者が作った構造力学の本は実務に使えないといえば学者は驚くだろうか?あるいは構造設計者が考えていた事が現場の監督や大工にストレートにつ変わるだろうか?あるいは 構造の知識がない企業がソフトウエアに頼り切ってその意図を読み取れない状況での施工がないといえるだろうか。

全て実在するという方が自然である。

だから 僕が大切にして広めたい事 それは

構造仕様の決定の論理を電卓で速やかに。        (手計算こそ理解を深めて基本計画での応用が効く

と思っています。

構造計算といっても、プログラムされた構造計算書ではなく、電卓で大工と僕たち設計する人間が一緒に計算して この部分は CN-90 4本でいいよ。いや 6本にしとく。垂木は設計図面通りでいいね。など語り合えることこそ僕の望む設計工房の姿。建築構造に対する論理を大工と語り合いながら進めるための資料が必要だと思う。 

 草津温泉のように 夏に机上で「ふーんそうだね2X8」だろう、大工も「そだね 設計通りだね。….」で終わってしまうのが 実は怖い。

一方僕たちは積雪3mでの大スパンもやってきた、あの飯山市。 豪雪地帯。京都の高校スキー部の時代 なんというか 憧れの豪雪地帯だった。そこで 新幹線開通の直前に完成した。LVLを多用した。 他に新潟県との県境の豪雪地帯でも やっている それは 垂木の間隔は303mmだった。

 枠組み壁工法での豪雪地における先人の資料は無い。 ただ構造のロジックに頼った設計を 社長は過去 普通にクリアしている。カナダだと 設計積雪荷重4000Kn(2m相当)も結構ポピューラーな情報として 共有されているのに、2X4に於いては、日本の先人からの情報共有もないのは残念。

他方で組織として 動く場合は やはり 構造上の論理を大工も 営業も共有する必要がある。僕の知る構造計算であればきっと初歩的であって名前ほど難しいものではないと思う。

しかしまー

Kg(kgf)の方が 大工さんも僕も体感しているのでわかりやすい。だから 簡単にニュートンなどの単位になると イメージがわかない、これは結構けた間違いの恐怖にとらわれるます、どうしても馴染めないのが残念。

まず 

1:屋根を構成する荷重

さっさと求める. 木材の比重を0.6とすれば

 厚さ12mmの構造用合板の単位m2の容積は

 0.012X1X(1000X0.6)= 7.2kg/m2

  3X6の合板を運んだ時の印象と合致します。納得!そう、会社の愛犬 花ちゃんよりちょっと軽い感じ、そうだよね。

  木材の重さ

  2×4   

       38mmX89mm=3382mm2    3382/1000000=0.003382m2

       0.003382*600=2.029kgf

       確かに 1mだとこの程度でしょうか?

        2×6  断面積の比率  1.57    2.029X1.57=3.19kgf

        2X8 断面積の比率  2.06  2.029X2.06=4.18kgf

         2X10 断面積の比率  2.64  2.029X 2.640 =5.35kgf

 この辺りから 仕方なく ニュートン。

 1N=0.1.02Kg                 

    垂木一本についての荷重だから 

 2X8材  4.18Kg /m=40.9n/m

   合板12mm  7.2X0.455=3.28 Kg/m=32.15n/m

   屋根材  アスファルトシングル は彩色石綿板の重さとして

 255n/m2  

 255X0.455=116n/m

    屋根勾配が3/10だとすると 斜辺は1,044

       勾配補正 (40.9+32.15+116) = 189.05n/m 

            【G】              189.05X(1/1.044)=181.1n/m    

         勾配長さを水平スパンに圧縮して加えている感じ、

       積雪     80cmとすると80X20=1600n/m2

            【S】     垂木1本  1600*0.455=728n/m  積雪荷重は勾配の補正不要。

       そうすると  計算荷重は G+S なので

     181.1+728=909nm

 

  曲げモーメント

        Mmax=(909X5.22^2)/8=24,768

       せん断力

   Qmax=(909X5.22)/2=2372

 

           たわみ

  σ=5X909X5.22^4/384EI

 

  次に木材の強度も調べていこう。

  同時にヤング係数のデーターも得る事になるので

  たわみ量のチェックも行う。

 

 

 

DIY野地合板まで進んでいました。大雪でももう安心。

2017年1月1日木部組み立て開始の Projectを2週間ぶりに見学しました。野地合板まで出来ていたので安心しました。ほとんど ご主人と奥様のお二人の作業。たくさんある脚立は昔屋根工事をされていたご実家から借りたとのことでした。

2016/12/28 を現地ででの ネダ加工作業。

建物の奥にはスパン6.5mのネダを作っていて、少し荷物を収納したいという リクセストにお応えする為の定尺より長スパンのネダが瞬く間に完成したのは昨年暮れでした。   

 今となっては、「弊社の大工さんがプレカットして準備しておきました。」と申し上げられるのですが これも大工さんの尽力あってこそ。施主のリクエストに応えることが出来ました。

現場からの積極的な意見はより質の高い建築を提供出来ます。 

思い描いていた物をより良い「実物」としての成果は              優れた大工さんのからの賜物です。

垂木かトラスか?迷うところです。将来車庫にしたいなら 垂木。天井を高くすることができます。

C S P とは?

EEplanのKITSET®は完成までのプロセスを5つのステージに分けています。その意図は施主の方で F1 以外の どのステージでも分離あるいは別途にできるようにしています。

事務所+倉庫のCSPです。

各ステージは

F1  Fabrication  (工場での KIT SETの製造)

F2         Foundation  (基礎工事)

F3        Frame Works (木構造工事)

F4      Finish  (外装 建具工事)

F5     Fire Proof (屋内内装制限関連)

CSP:Construction Of Structure Parts           (構造部分の工事)

Benefit-1

以上のステージの中 F2とF3を EEplanが行うことで 基礎と木造部分の構造一貫工事の完成をご安心いただく中で完成できます。

Benefit-2

F3と仮防水で、雨仕舞いもほぼOK 。あとは マイペースで 1年計画で作る人も。(完成まで使ってはいけませんよ!)

Benefit-3

構造関連10年保障  (住宅に適用される 品確法の瑕疵担保保障(構造関係の瑕疵について)相当の保障

(期間10年)を行います。)

外装が進んでいます。

冬本番 雪景色の建物

諏訪湖畔に雪が降りました。 今はタイヤも進歩しているので 白い道を普段と変わらず走れています。でもそれは この10年程度のことですね。

      

  • 群青の空 Dupont  

トップ写真 のマンサードルーフの工事の頃は、タイヤの性能もイマイチ。怖い思いで走っていた頃のような気がします。米ディポン社の壁下地材をいち早く国内で使っていた頃の貴重な写真です。タイベックは空気は通しても H2Oは通さない。壁の内部結露を防止する術。建物の寿命が伸びやすくなりました。 今は ライセンス国内生産? ディポン社の名前は見えなくても、今はたくさん普通に使われていますね。 これは 20年以上前かな? 長野県の雪。

  • WRC  Western  Red Cedarの壁

茶色の建物は レッドシダーサイディングとガレージドアです。北海道の雪です。

スノーモービルも入れるし、小屋裏収納も。壁は背を高くしています。(札幌)

  • Cape cod Gray の Vynil Siding 

  宮城県の森の中、そして 工事中の降雪です。

雪中工事がやっと完成し、引き上げる間際に新たな降雪 その時に撮影したそうです。 

どちらも 白くて美しいですね 雪景色。

 

 

 

G-ATTIC  愛知県

内装をDIYでやったり、少しずつ進めていこうとする施主の要望に応じた住宅計画です。

この部分は「物置」 垂れ壁の向こうはガレージで天井は不燃面材で被覆しています。
シャワー・トイレコーナー
2X10のlumberで作った階段
スカイライトがいいでしょ。 あとクロス工事ですか それとも ドライウオール?

 

時を超えて

成田に降り立つと、日本の建築 それも外観 外装材 建具の素晴らしさが際立ちます。やはり お金持ちの国だと感じてしまいます。 また不燃材としての価値も高い外装だと思います。そのような景色を見るにつけ無性にWall Shekeの外装、Wall Shekeの家、Wall Shekeのガレージを又作ってみたいと思うようになりました。忘れかけた何かがあります。

僕自身の家や施設は 計3棟。 全て SHAKE葺きでしたし、思い出もたくさん残せました。(経年変化を楽しむこともいいものです。)

 

最後に。

Topの写真はEEplanが長年お世話になった職人さんの作業です。

準防火地域までの対応が可能です。街中でもご検討ください。

Work Shop 用 SIP はこの4月から

SIP ( Structure of Insulated Panel)

EEplanでは2017年4月1日から SIP組み込みの WORK SHOP を販売いたします。SIPは Structure of Insulated Panelの略称。受注開始は 2017年1月10日 

ご相談 見積もりご依頼は  担当 小澤、渋沢 までお願いいたします

eeplan  :3910216長野県茅野市米沢3097-10   お問い合わせ 0120-82-5817 info@eeplan.co.jp

 

ユーロ物置のPRO が自宅に作ったプライベートのWORK SHOPです。 壁や天井そして床に断熱か可能なモデルですね。

3060HK3

ユーロ物置には workshopシリーズと申しまして、少しおおきなタイプがあります。ここでご紹介するのは 3060 HK3と呼ばれる間口3.0m 奥行き6.0mのタイプです。今回本邦初めて、弊社での責任施工として完成いたしました。

オーストラリアでは写真のような木材の支柱は不要ですが、日本では建築物として国内法で定義できる建築方式で建物を建てることにしています。 建築基準法施行令第3節にある木造としています。 足固めをすることで コンクリート床とのアンカーボルト緊結を避けて木材を置くだけにしています。また2X4材も木材の座屈強度の確認をすることで「支柱」として定義できます。規模からして耐力壁は不要です。

 

 3060HK3にも SIPを組み込みませんか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA